蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 03日

焼締

個展の会期がいよいよ迫って来た。まだポスターやDMのデザインにも手を付けていない。

長く続いた、夏の特異な気象現象のがおかげで焼成のペースが随分狂ってしまっている。

素焼きだけはストックが在るので、一気に焼成に取りかかる予定だが、古信楽、御本手、土岐艾と個性のはっきりした土のものが多く、赤土や並土のものが少なく頑張って土練りから始めなければならない。

まずは焼締から始めた、茶碗はいい感じに上がったが、正面が火裏になってしまい、逆の景色となったので再焼成の予定。

2点の茶入れは、耳付き、大海ともにいい雰囲気に焼き上がってきた。焦げや胎土の溶融が置形となるよう加減して焼成してある。

本日の成果

e0048046_12113333.jpg
高さ 73mm x 口径 146mm x 高台径 52mm 焼締 古信楽窖窯土 焼成 11/02/'10


e0048046_13191259.jpg
茶入:銘「漸悟」 高さ 85mm x 口径 28mm x 外径 56mm x 底径 36mm 焼締 古信楽窖窯土 焼成 11/02/'10


e0048046_13215377.jpg
茶入:銘「頓悟」 高さ 44mm x 口径 37mm x 外径 74mm x 底径 48mm 焼締 古信楽窖窯土 焼成 11/02/'10


*「漸悟」修行の段階をへて悟りにいたる境地。
*「頓悟」修行の段階をふまずに悟る境地。こちらの方がより高度な悟りのプロセス。
[PR]

by takodenkama | 2010-11-03 13:24 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoden2.exblog.jp/tb/13561165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 引出し黒の茶碗      油滴天目釉の茶碗 >>