蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 04日

萩陶芸大リーグ

萩陶芸大リーグに参加して(1)

8月17日から25日まで9日間、萩陶芸大リーグ2012に参加してきました。

萩陶芸大リーグの全容
この企画は萩市商工観光部商工課と萩陶芸家協会の主催で今年で3回目の開催です。
参加者は広く全国から公募され、今回は募集人員25名のところ48名の応募があったそうで全員に参加が認められました。

萩陶芸大リーグの内容は萩の陶芸家協会に加盟されている作家の窯元で弟子入り体験をすることがメインで、他に県内の窯場見学や、萩美術館の展示作品や企画展の鑑賞、勉強会として三輪休雪氏と柳原睦夫氏のトークショウ「陶芸の浪漫」に参加、野焼き体験など盛りだくさんなカリキュラムでした。

期間中は、ほとんどの人が萩市セミナーハウスに宿泊して、レンタル自転車や、仲間や窯元の車の相乗りで配属された研修先に毎日通います、研修の時間は朝9時から夕方の5時迄、8時間です。

参加者の年齢は、上は72歳から下は現役大学生まで男女比はほぼ半数ずつで、とても暑い夏の萩を満喫、窯元にはクーラーがあるところは少なく、ほとんどの参加者は汗まみれの毎日、セミナーハウスの4台の洗濯機は休む暇なし、フル稼働と言った状況でした。

初日はセミナーハウスに集合して開校式、配属先の窯元の紹介と面接、オリエンテーリング、後は海に沈む夕陽の美しく眺められる野外会場に移動して歓迎交流会(BBQパーティー)、参加者と窯元との親睦を深めます、この企画に以前に参加された方も何人かおられ、後は和気あいあいとした雰囲気で賑やかに終始します。

2日目、最初に野焼き用の作品を自由なテーマでそれぞれが作り、これを最終日に野焼きします、余力があれば他の作品も作陶可能です。

3日目、4日目は窯元の受け入れキャパによって一人のところもあれば、最多、六名のところもあり、それぞれの指定された窯元に出向き作陶や、窯仕事、道具つくりや、蹴轆轤体験、清掃など与えられた研修をこなします。

5日目はバスで山口県内の窯場見学ツアー(萩市、山口市、長門市)、萩美術館見学とトークショーの参加でした。

6・7日目は配属された窯元に戻って再び作陶体験を続けます、この日には作品はほぼ完成させておかなければなりません。さらに、最終日の野焼きの準備も調えます。

最終日の8日目は、朝から野焼きの火入れ、窯元に戻って作品の最終仕上げ。午後には野焼きの取り出しとさよならパーティー(BBQパーティー)で、午後8時頃にはスケジュールは全て終ります。帰宅は翌日の方が多かったようです。
(続く)

e0048046_14551833.jpg

萩市と云えばこの風景・・・・・相島

[PR]

by takodenkama | 2012-09-04 15:43 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoden2.exblog.jp/tb/18786579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 萩陶芸大リーグ Ⅱ      新しい蛸田窯 >>