2016年 05月 21日

兀兀展その後



昨夜、注文しておいた桐箱が届いた、箱屋さんも自身が所属の京都木工芸指物協会展の会期が兀兀展と重なって
とてもお忙しそうであった。

早速、箱詰め梱包、第二陣の発送とおお忙しだ、ストックの桐箱で第一陣の発送は済ませていたのであと2回程
で完了しそうだ。

兀兀展の時に注文頂いた茶碗の作成と焼成も同時進行で進めており、朝顔型を5点捻って昨日その内の2点焼成
した。
ともに還元焼成で釉薬は異なったものを施釉している、焼成も匣鉢に入れるものと直接還元雰囲気で焼成するも
のと分けてみた。

やはり匣鉢に入れたものは予定通りに仕上がったがもう一方は半還元気味で今一の仕上がりと成った、没・・・。

本日の成果。

e0048046_15194646.jpg
茶碗:銘「沫雨」うたかた 高さ 60mm x 口径 148mm x 高台径 48mm  天竜寺青磁釉 釜戸赤土 焼成 May/20/2016 


e0048046_16300916.jpg


e0048046_16302377.jpg










[PR]

by takodenkama | 2016-05-21 16:35 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoden2.exblog.jp/tb/24397786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 梅雨      兀兀展 無事に終了いたしました。 >>