蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 09日

明日香、キトラ、石舞台

キトラ古墳「四神の館」の特別公開が始まったので、初秋の奈良は明日香村へ妻女の運転するGiuliettaで出かけた。

キトラ古墳で最も重要な壁画として位置づけされる天井部に描かれた星座にまつわるロマンにとても惹かれるものがあり、是非、ひと目見ておきたいとの衝動に駆られ事前申込を済ませ勇躍出掛けた。
此の天文図は日本の学者の考証により何時、何処で観測された星座といった推定がなされており大いに学究的な興味を抱かされトキメキを秘めている。

奈良は前回、正倉院展に出かけて以来だ、それに私にとってとても意外だが明日香方面は初めてなので、まず行きたかったのが石舞台古墳、伝説の蘇我馬子墓所ともいわれている、とてもスケールの大きな石組み、墓所としてはその広大な石室に圧倒される。
奈良には小中学生の頃より屢々出掛けているのに何故ここまで来ていなかったのかとても残念に思った。此の石組によるダイナミックな造型を目の当たりにすることは、若い頃の私には必ずや何かを与えてくれたであろうと思う・・・・・。

奈良といえば「興福寺」詣では外せない、6年前にリニューアルされた「国宝館」に翌日、朝一番に出掛け国宝の八部衆、五部浄像や阿修羅像にも久々に逢うことができた。
以前とは随分異なった立派な展示室となっており此の寺院の人気の程がよく解る、この日は五重塔が特別公開されており人の列が出来ていたが国宝館はヒッソリとしており静かにあまたの仏像と対峙することができとても充実した時を過ごすことができた。

その後はのんびりと地道を走り宇治・槙島のbrio ristoranteで美味しいランチをいただき帰って来た。



e0048046_22035716.jpg
石舞台古墳 Photo by GOTSUGOTSU










[PR]

by takodenkama | 2016-10-09 13:07 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://takoden2.exblog.jp/tb/24708471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 洛西秋色      梅雨 >>