2013年 05月 07日

肩衝と棗

風薫る五月・・・。

相変わらず体調不良の日々が続き作陶もままならぬ状況を打ち破るべく蛸田工場に火入れして肩衝と棗を焼成してみた。

肩付きは "初花" をモデルに、棗は "利休(小)型" 、以前に作っておいた物の蓋を割ってしまったので再挑戦してみた。共に少しサイズを変えて2点作ってみたが少し収縮が大きくて予定の寸法には出来なかった。

蛸田工場での焼成は6時間に及び冷却も15時間ほど必要なので、同じ粘土でも収縮率がかなり変わるようだ、今回初めて気がついた始末、全くもってお粗末!。

肩衝と棗、共に釉薬は引き出し黒ではなく、黒飴釉と天目釉を使用して高温焼成に耐えるようにしてみたが、肩衝の色味は思ったより濃く上がって来た。意図が見え見えの景色付けよりは自然な様子が表現出来よかったと思う。

棗はやはり合い口の出来がポイントだが今回は少し出来が悪かった、やはり5点くらい一度に施釉しないと、なかなか巧くはいかない、それに、合い面にも施釉した方がすっきりと収まる。

新たな課題として再挑戦することに決定。

本日の成果。

e0048046_13302294.jpg
茶入:銘「杜鵑」 高さ 75mm x 外径73mm x 口径 35mm x 高台径 38mm 黒飴釉 特簸信楽土 焼成 5/07/2013


客中杜鵑を聞く   良寛

春帰れども未だ帰るを得ず
杜鵑懇ろに帰るを勧む  
世途 皆な危険なり   
郷里 何れの時にか帰らん



e0048046_13345777.jpg
茶入:銘「歇頭」 高さ 63mm x 外径62mm x 口径 50mm x 高台径 33mm 天目釉 特簸信楽土 焼成 5/07/2013

[PR]

# by takodenkama | 2013-05-07 13:37 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 20日

桜前線は江戸から・・・

好物の桜のたよりが届いて、少し浮かれ気味な今日この頃・・・・・。

唐津風の土に志野釉を掛けて焼成、少し温度不足気味だが土の体力(耐力?)が乏しくこの辺が限界と1285℃で切り上げた、少し粒状の長石の残欠が見受けられる。

以前に焼成した「別風」の桜の切型が出て来たのでもう一点を白萩釉でと欲張ってみたのだが窯から取り出す時に手が滑って割ってしまった・・・残念!これも再挑戦の課題となった。

同時に焼成した井戸型は何度焼成しても釉が溶けきれず残念な出来で没。

本日の成果

e0048046_18305291.jpg

茶碗:銘「自陶」 高さ 80mm 口径 110mm 高台径 48mm 志野釉 中原/楢崎土 焼成 03/16/2013

己酉     陶淵明
何以稱我情
濁酒且
自陶
千載非所知
聊以永今朝


何に以(よ)りて我が情(こころ)称(み)たさん    
濁り酒もて且(まず)は自(ひとり)陶(よ)わん    
千載ののちは知る所に非ず               
聊(いささ)か以て今朝(このひ)を永(のび)やかにせん

[PR]

# by takodenkama | 2013-03-20 19:40 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 05日

今日は啓蟄

今日は啓蟄、昨日までとは打って変わって暖かな日差しの降る気持ちのよい一日となった。

一昨日「ひな祭り」の日に丸山梅光(半筒型)と中原ピンク(井戸型)の5度目の焼成を敢行した。

窯が経たって来ているので LPG の力を借りての還元焼成、まだ気泡が大きく残っているが高台回りの沈下が出始めたので丸山梅光はこの辺で終了とする。中原ピンクは更に焼成が必要で次回窯をリニューアルしてからの初窯に持ち越しとなった。

前作の「曲江」は酸化焼成だったので今回の「六清」と、それぞれの雰囲気の違いが面白く、難敵、丸山梅光/萩釉は完成を見たことにする。

銘々は、今読んでいる「茶経」布目潮夫渢 七之事「十六」の "芳茶は六清に冠たり" から拝借した。

e0048046_13541862.jpg

茶碗:銘「六清」高さ 83mm x 口径 120 x 112mm 高台径 48mm 蛸田白萩釉 丸山梅光土(下関)焼成 2013/03/03


登成都樓詩     張孟陽
借問揚子舍、想見長卿廬。
程卓累千金、驕侈擬五侯。
門有連騎客、翠帶腰吳鈎。
鼎食隨時進、百和妙且殊。
披林采秋桔、臨江釣春魚。
黑子過龍醢、吳饌逾蟹蝑。
芳荼冠
六清、溢味播九區。
人生苟安樂、茲土聊可娛。


「成都楼に登る」            張孟陽
借問す揚子の舍、想見す長卿の廬。      
程卓は千金を累ね、驕侈は五侯に擬す。    
門に連騎の客あり、翠帶に呉鈎を腰にす。   
鼎食は時に随い進み、百和は妙にして且つ殊る。
林を披き秋桔を採り、江に臨み春魚を釣る。  
黒子は龍醢より過ぎ、呉饌は蟹蝑より逾る。  
芳荼は六清に冠たり、溢味は九区に播わる。  
人生苟くも安楽たらば、茲の土は聊か娯む可し。


○六清:「膳に六牲を用い、飲に六清を用う」水・漿(しょう:粟酒)・醴(れい:甘酒)・䣼(りょう:?)・醤(しょう:肉醤)・酏(り:黍酒)
[PR]

# by takodenkama | 2013-03-05 14:59 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 27日

今日初窯

退職したばかりで還暦を迎えた2003年の誕生日は殆ど感激も無く慌ただしく過ごしたが、古稀の今年の誕生日は少し違っていて沖縄は恩納村で数日を過ごした。
辺戸岬や最北端の奥港(おうみなと)にも出かけたり、芭蕉布を見学するなどヤンバルを駆け巡っていた、夜はブセナテラスのメインダイニングでマルゴーのグラスを片手にご機嫌に騒いでいた。

 毎日、メジロの餌付けに熱心で作陶も焼成も捗々しくなく、今日やっと積雪や氷点下4℃の外気温にもメゲズに、初窯(?)を焚くことができた。

山口県からもたらされた "丸山梅光" の胎土はなかなか手強く、小石や礫との格闘でようやく捻り上げた茶碗で、素焼きの後、改良した白萩釉で一度1300℃で焼成した物を、再度、匣に入れて蓋をして1275℃で焼成してみた。
出来は、此の土の持ち味と白萩釉で醸しだす雰囲気、まずまずの結果が出たと思うが、更に今一度焼成するかどうか思案中だ。

銘々は、古稀の語だけがあまりにも有名な 杜甫(唐)の古詩「曲江(二)」をそのままいただいた。

本日の成果
e0048046_22443513.jpg

茶碗:銘「曲江」 高さ 90mm 口径 115x120mm 高台径 50mm 蛸田白萩釉 丸山梅光土(山口) 焼成 2013/01/27


 曲江    杜甫
 朝回日日典春衣
 毎日江頭尽酔帰
 酒債尋常行処有

 人生七十古来稀
 穿花蛺蝶深深見
 点水蜻蜓款款飛
 伝語風光共流転
 暫時相賞莫相違


 朝より回りて日日に春衣を典し  
 毎日江頭に 酔を尽くして帰る  
 酒債 尋常 行く処に有り    
 人生七十 古来稀なり      
 花を穿つキョウ蝶 深深として見え
 水に点ずる蜻テイ 款款として飛ぶ
 風光に 伝語す 共に流転しつつ 
 暫時 相賞して相違う莫らんと  



☆典 : 質屋              
 蛺蝶: 花の繁みをぬって飛ぶちょうちょう
 蜻蜓: 水面に尾をぽちぽちたたくとんぼ 
 伝語風光:春のけしきにことづてする   

[PR]

# by takodenkama | 2013-01-27 23:10 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 10日

初雪

今朝起きると外は真っ白・・・・・?。
 
昨日焼成しておいた井戸茶碗を撮影して「磬雪」と命名して早速披露。
この茶碗は先日此のブログで披露した素焼きの出来た茶碗3点のうちの最後の1点で(他はまだ焼成していない)収縮の程度や土の色味を見極める為の焼成となった。

自作の白萩釉は藁灰を大量に放り込んだ結果とても溶けにくく、3回以上の焼成を余儀なくされているので、次回の施釉時には長石を加えて再調整をしてみようと考えている。

此の窯で焼成時間を3倍くらいに引き延ばしたいのだが、良いアイディアが浮かばず模索中・・・。

本日の成果

e0048046_1233651.jpg

茶碗:銘「磬雪」(けいせつ) 高さ 85mm 口径 150x140mm 高台径 46mm 蛸田白萩釉 中原・楢崎混練土 焼成 12/09/2012

[PR]

# by takodenkama | 2012-12-10 12:09 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 03日

久々の黒

例年になく落ち着いた師走の朝を迎えることができた、春の個展、夏の萩陶芸大リーグ参加、秋の白萩釉への挑戦と目紛しく方向転換を重ねてまた元の黒薬に戻って来た感がある。

1月に5点ほど黒茶碗を焼いてから11ヶ月ぶりに黒を焼いた。
 
釉薬はもちろんお決まりの蛸田黒薬、鬼板と松葉灰で調合した自家薬籠中の引き出し黒釉だ。今回の焼成では3点とも1190℃で引き出した。

毎日勝手流の茶を点てているが、殆ど黒茶碗で喫むことが多いのと、人様に差し上げるのも圧倒的に黒茶碗が多い為にストックとして時折焼成することにしている。

今回は、新しい土で挽いた井戸茶碗に白萩釉を掛けたので、そのテスト焼成で上段が空いたので急遽黒薬の焼成となった。

結果は上々、ただ残念なことにメインの白萩釉を掛けた井戸茶碗の1回目の焼成は(1260℃)、中原/楢崎混練の土とあまりマッチングしない様子だ。 此の土は薄いセピアのような色味にあがっている、聞いていた中原土はピンクとのことで少し期待していたのだが・・・、次回の焼成は1300℃超えを予定している。

本日の成果

e0048046_1930571.jpg

茶碗:銘「爛石」(らんせき) 高さ 85mm 口径 110mm 高台径 48mm 蛸田黒薬 釜戸艾土 焼成 12/03/2012


e0048046_19302979.jpg

茶碗:銘「礫壌」(れきじょう) 高さ 80mm 口径 108mm 高台径 48mm 蛸田黒薬 釜戸艾土 焼成 12/03/2012


e0048046_19305272.jpg

愚意呑:高さ 60mm 口径 85mm 高台径 44mm 蛸田黒薬 釜戸艾土 焼成 12/03/2012

[PR]

# by takodenkama | 2012-12-03 20:36 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 30日

中原、楢崎混練

前回の川棚の土の経験もあるので、なかなか手強いと覚悟の上で "中原、楢崎混練" の土練りから始めた。

粘性の低いサラサラとした感触の土で殆ど水は使わずに手捻りをおこなう、急ぐとへたりそうになるので時間をかけて整形した。

電動や蹴轆轤ではもっとスピーディに水を沢山使って挽くことが出来るのだろうが、手捻りでは少し困難を伴うが何とか形になりそうだ。

井戸2点と半筒1点仕上げるのに2日を要した、素焼きでどんな色味が出来るのかとても楽しみだ。

本日の成果

e0048046_10175081.gif


e0048046_10181785.gif


e0048046_1018372.gif

[PR]

# by takodenkama | 2012-11-30 23:00 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 26日

北長門、丸山梅光、中原、楢崎、鳥落の土をいただいた。

昨日の好天とは打って変わって、今日はあいにくの雨で紅葉狩りもさっぱりだが、とても嬉しいことがあった。

夏の "萩陶芸大リーグ" でご一緒した下関の T氏 が京に紅葉狩りに来たついでにと立寄ってくれた、それだけでもとても嬉しいのにその上お土産に山口県内のとても味の在る土をいろいろと持参してくれた。

T氏の先生が、黄孫窯/森野清和先生で大リーグの時に、特に興味のあった、蹴轆轤のことを少しお話聞かせていただいたことがあり、開発中の蹴轆轤も実際に見せていただいた、残念ながら今回は体験出来なかったが印象深く記憶している。 その時にT氏からいただいた川棚の土も森野先生の採取による物で、今回、京都に行くならばとT氏に託していただいたそうである。とても嬉しく感謝感激!!!多謝、多謝、多謝。

それらの土は北長門、丸山梅光、中原、楢崎、鳥落の土で北長門(赤)の土は原土と水簸土の2種類、中原の土(ピンク)も原土と楢崎の混練の2種、合わせて7種類もの土をいただいた。

早速並べて写真撮影、明日からの作陶にとても力強い見方を得た気がする。ガンバルゾー・・・・・。

本日の成果?。

e0048046_1524344.jpg

左から、新作の球壺、鳥落土、丸山梅光土、中原(ピンク)、中原/楢崎、楢崎土、北長門(原土)、北長門(水簸)

[PR]

# by takodenkama | 2012-11-26 15:45 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 10日

休雪白は見えて来たのか・・・・・。

そろそろ白萩釉への挑戦は終わりにしたいのだが今日も新たな2点を加えて4点の焼成を試みた。 

先日来5度目の焼成となった1点は、ほぼ白萩釉の掉尾を捉えた感がある、萩陶芸大リーグ参加中に耳にした会話の端々にあったヒント "休雪白はのぼり窯でしか・・・" を忠実に再現してみようとした結果だ。

"のぼり窯" の焼成時間と温度管理は蛸田窯ではとても再現出来る訳が無く焼成時間に関しては分割焼成として合計時間で近づけようと試みている。

焼成温度は回数を重ねるごとに昇温して1230℃から始めて5段回、最終を1275℃前後と踏んでいる。藁灰の量を増やせば増やす程、溶融が困難になり焼成時間が倍増するようだ、それとその粒子が細かければ細かい程白に近くなっていくのが解ってきた。

1回の焼成のピークがほぼ2時間なのでトータル10時間の焼成を目論んでいる。燃料のハイカロ炭は一回に3.7kg必要で合計18.5kg必要となる。

以上の結果が本日披露する茶碗で、 "休雪白" の完成にはさらに倍の焼成時間が必要と予測される・・・・・・・・・・ウムー。

本日の成果

e0048046_10275781.jpg

茶碗:銘「嫦娥」(じょうが)高さ 84mm 口径 110mm 高台径 44mm 蛸田白萩釉 特練信楽土 焼成 11/10/2012


把酒問月   李白
靑天有月來幾時,
我今停杯一問之。
人攀明月不可得,
月行卻與人相隨。
皎如飛鏡臨丹闕,
綠煙滅盡淸輝發。
但見宵從海上來,
寧知曉向雲閒沒。
白兔搗藥秋復春,
姮娥孤棲與誰鄰。
今人不見古時月,
今月曾經照古人。
古人今人若流水,
共看明月皆如此。
唯願當歌對酒時,
月光長照金樽裏。


青天月有りてより來のかた            
我 今杯を停めて 一たび之に問う        
人は明月を攀ず(よ)ずる 得可(うべ)からず    
月行却って人と相随(したご)う          
皎(こう)として飛鏡の丹闕に臨む如く       
綠煙滅し盡して 淸輝發す            
但だ見る 宵に海上より來るを          
寧(な)んぞ知らん 曉に雲閒に向って沒するを   
白兔(はくと)藥を搗きて 秋復た春        
姮娥(じょうが)孤棲(こせいして)誰とか鄰(となり)す
今の人は見ず 古時の月             
今の月は曾經(かつ)て 古人を照す        
古人今人 流水の若(ごと)きも          
共に明月を看る 皆此(かく)の如し        
唯だ願う 歌に当たり酒に對するの時       
月光の長く金樽の裏(うち)を照らさんことを    


☆丹闕(たんけつ)赤く塗った門                                         
☆嫦娥(じょうが)不死の仙薬を盗んで飲み、月に奔った、という伝説に因り、白ウサギ(玉兎)が不死の薬を搗いている。

[PR]

# by takodenkama | 2012-11-10 23:01 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 08日

冬葵

昨日、立冬を迎えた。七年続けた師走の "作陶展" を春に移して二年、秋の過ごし方に変化をきたして何か頼りない懶惰な日々を過ごしている感じだ。

例年ならば個展前の今頃は追い込みで、作陶や焼成に慌ただしい日々を過ごしていた・・・・・。

とは言っても焼成は細々と、2点づつ様子見ながら、釉薬のテストをかねて続けている。

相変わらず白萩釉の精製を行っていて、藁灰の比率をどんどんと上げている。 萩陶芸大リーグで "三輪窯" に最初に伺った時に、休雪先生が、膨大な藁灰のストックの山を前にして、色々と細かく "白萩釉" の調合について、藁灰の水樋や精製の仕方を説明していただいたのだが、何を聞いていたのか殆ど覚えていない始末で、痛恨の極み。「釉調合の基本」や「古陶磁の科学」など引っ張り出して試行錯誤の連続。

最終にと調合した白萩釉の茶碗が3度目の焼成を終えたので、冬を待ちわびる気持ちを込めて「冬葵」と命名して披露しておく。(ちなみにこの花は赤だそうです。)

本日の成果

e0048046_11153879.jpg

茶碗:銘「冬葵」 高さ 90mm 口径 120mm 高台径 45mm 蛸田白萩釉 混練信楽土 焼成 11/08/2012


長歌行  漢・古樂府

青青園中葵,
朝露待日晞。
陽春布德澤,
萬物生光輝。
常恐秋節至,
焜黄華葉衰。
百川東到海,
何時復西歸。
少壯不努力,
老大徒傷悲。


青青たる 園中の 葵,          
朝露 日を待ちて晞(かわ)く。      
陽春 德澤を布(し)き,         
萬物 光輝を生ず。            
常に恐る 秋節の至りて,         
焜黄せる 華葉の衰ふを。         
百川 東のかた海に到るも,        
何(いづ)れの時か 復(ま)た西に歸らん。
少壯にして 努力をせざれば,       
老大になりて 徒(いたづ)らに傷悲せん。 


☆德澤:〔とくたく〕恩沢。恩恵。 
☆焜黄:〔こんくゎう〕黄色く輝く。

[PR]

# by takodenkama | 2012-11-08 23:06 | 作陶日記 | Trackback | Comments(1)