人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2020年 03月 23日

蘇生

前立腺癌に侵されたが、陽子線治療のお陰でやっと蘇生できた。

陶芸再開に立ちはだかった要因は他にもあり、燃料のハイカロ炭の生産中止、LPGの取扱いの変更などなど、個性的な蛸田窯にとってはフィジカル面での大きな問題の積み重なりでその解決に試行錯誤する日々が続いた。

以前から取引のあった和歌山の姥目樫備長炭の業者から高価な炭を購入したり、新たなLPG取扱業者に依頼したりと準備は整ったので、蛸田窯の再開に踏み切った。

ガス焼成で素焼きはストック出来ていたので先づはテスト焼成を行なったので少し披露する。

高価な姥目樫の備長炭4kgを奮発して、黒楽茶盌、天目盞、茶入、文房、ビアジョッキなど眼いっぱい放り込んで焼成。1250度で引出し、1300度オーバーまで引っ張って終了。

本日の成果

蘇生_e0048046_21361166.jpg

茶盌 : 銘「郷夢」きょうむ                            

   高さ 90mm x 口径 115mm x 高台径 49mm  蛸田黒No.2/No.3 萩土 焼成 Mar/23/2020


春興         武 元衡

楊柳陰陰細雨晴 残花落盡見流鶯

春風一夜吹郷夢 亦逐春風到洛城












# by takodenkama | 2020-03-23 13:08 | 作陶日記
2020年 03月 23日

蘇生

前立腺癌に侵されたが、陽子線治療のお陰でやっと蘇生できた。

陶芸再開に立ちはだかった要因は他にもあり、燃料のハイカロ炭の生産中止、LPGの取扱いの変更などなど、個性的な蛸田窯にとってはフィジカル面での大きな問題の積み重なりでその解決に試行錯誤する日々が続いた。

以前から取引のあった和歌山の姥目樫備長炭の業者から高価な炭を購入したり、新たなLPG取扱業者に依頼したりと準備は整ったので、蛸田窯の再開に踏み切った。

ガス焼成で素焼きはストック出来ていたので先づはテスト焼成を行なったので少し披露する。

高価な姥目樫の備長炭4kgを奮発して、黒楽茶盌、天目盞、茶入、文房、ビアジョッキなど眼いっぱい放り込んで焼成。1250度で引出し、1300度オーバーまで引っ張って終了。

本日の成果

蘇生_e0048046_21361166.jpg

茶盌 : 銘「郷夢」きょうむ                            

   高さ 90mm x 口径 115mm x 高台径 49mm  蛸田黒No.2/No.3 萩土 焼成 Mar/23/2020


春興         武 元衡

楊柳陰陰細雨晴 残花落盡見流鶯

春風一夜吹郷夢 亦逐春風到洛城












# by takodenkama | 2020-03-23 13:08 | 作陶日記
2018年 12月 15日

仕覆・第二弾

柿渋染の綿布に柿渋染の刺子糸を使って仕覆の生地を作り、再度挑戦した、連り糸と締め緒は以前に購入していたものを使った。


生地が厚くて馴染ませるのにかなり苦労、

仕覆はほぼ手中に収めることができた。


中支えも前回の分は出来たが、新しいものは旅茶盌で入れ子になっており、さらに茶入まで入っている故、不要。

仕覆・第二弾_e0048046_11061554.jpeg
仕覆・第二弾_e0048046_11065311.jpeg

旅茶盌 :「相生)(入れ子)

茶入 :「 野点」2011/4/16



# by takodenkama | 2018-12-15 11:03
2018年 11月 30日

茶入「大海」と「茄子」

昨日今日と二日続けて土捻りをやった、特に必要に迫られている訳では無いが何故か「大海」と「茄子」の茶入に無性に心が焦がれた・・・。

多分、先日、宇治の「朝日窯」にお邪魔して井戸茶盌を一点物にし、その後に隣の「福寿園」で抹茶を挽いたので、自家用の茶入を新しくしたいとの欲求に衝き動かされたのだろう・・・・・。

画像は上が鏡像、下が轆轤上の現物、この状態で常に作陶している。

茶入「大海」と「茄子」_e0048046_22401679.jpeg
茶入 :「樫原大海」2018/11/29
茶入「大海」と「茄子」_e0048046_22404471.jpeg
茶入 :「蛸田茄子」2018/11/30


# by takodenkama | 2018-11-30 22:34 | 作陶日記
2018年 11月 27日

徳利の塗蓋

何時も晩酌に引き出して昵懇にしている「時雨亭」(800cc)と「笑謝」(500cc)と命名している徳利に日頃の愛顧に応えるべく塗蓋を誂えた。


両徳利ともに焼成以来とても気に入っており日々の晩酌を共し、当に朋友的存在、心を込めて形や色、機能を満足させるべくデザインしてみた。


「時雨亭」の方は削り出し、「笑謝」はコルクの栓を雇い入れとした、共に素材は素麺の箱を分解したバルサ材だ。


初めての試みとしては削り出しよりも雇いざねの方が難度が高そうだったが、何の問題もなくワインのコルク栓で首尾は上々・・・・・・・。


仕上げの漆塗は経年変化を考慮して透明の塗立てとした、益々愛着が昂じ日々の酒量の増加を訝ること多少・・・。

徳利の塗蓋_e0048046_22322358.jpeg
「時雨亭」2014/11/13
徳利の塗蓋_e0048046_22325240.jpeg
「笑謝」2016/02/06


# by takodenkama | 2018-11-27 22:30 | 作陶日記