蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 02日

新しい釉薬

井戸型や建盞に合う釉薬を模索している。

今日は新たに入手した赤土に施釉するべく、黄瀬戸、カリ長石、土鍋釉をミックスして土灰風の調合を作ってみた、けっこう渋めで好印象なものが出来たので次回は艾土にも施釉してみる予定だ。

建盞も同じ赤土のものに、何時もの流紋釉を施釉してみた、こちらも派手さが押さえられて還元焼成のものより好感が持てる。

いよいよ12月なって連日の焼成、ピッチは上がっている。他に引き出し黒やセレン赤のもの飴釉のものなど出来ているのでまた後日披露したい。

古信楽穴窯土の茶入れ「頓悟」の蓋も木製で自作してみた、また溜漆仕上げとしたい。

本日の成果。

e0048046_23573594.jpg

茶碗:銘「輪鞅」高さ 75mm x 口径 142x134mm x 高台径 46mm 蛸田土灰釉 釜戸赤土 焼成 12/01/'10


e0048046_23575491.jpg

茶碗:銘「青泥」高さ 68mm x 口径 133x128mm x 高台径 44mm 窯変流紋釉 釜戸赤土 焼成 12/01/'10


e0048046_23581226.jpg

茶入:銘「頓悟」 木製蓋


by takodenkama | 2010-12-02 00:04 | 作陶日記


<< 個展の案内状を準備。      個展開催まで30日を切った。 >>