蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 12日

試行錯誤

試行錯誤は延々と続いている・・・・・。
十年以上慣れ親しんだ燃料との決別は思いの外、混迷を極めた、
数多の廃棄物の上に新たなる焼成品が確認されつつある、そろそろ
成果を披露するべき時期に成って来た。
次回の発表の場を来年の春に定めてストックを始めている。

以前ならば、とても容易な行為そのものが、加齢の故もあって、とても困難になり
屢々、自己嫌悪に苛まれ、のたうち回り、嘔吐している・・・惨めだ!!!

めげずに、本日の成果。
e0048046_21083577.jpg
茶碗:銘「長短」ちょうたん 高さ 50mm x 口径 150mm x 高台径 45mm 蛸田黒(消し)楽土 焼成 July/10/2018

「食後」     白居易

食罷一覺睡 起來兩甌茶


舉頭看日影 已復西南斜


樂人惜日促 憂人厭年


無憂無樂者 長短任生涯



食(めし)罷(おわ)りて一覺(たび)の睡(ねむ)り  


 起(お)き来(き)たりて兩甌(ふたはち)の茶(ちゃ)  


頭(あたま)を挙(あ)げて日の影(かげ)を看(み)るに


 既(すで)に復(また)西南(せいなん)に斜(かたむ)けり


      楽(たの)しき人(ひと)は日(ひ)の促(あわただし)きを惜(お)しみ


 憂(うれ)うる人(ひと)は年の(なが)きを厭(いと)う


   憂(うれ)いも無(な)く楽(たの)しみも無(な)き者(もの)は


   長(なが)きも短(みじ)きも生涯(しょうがい)に任(まか)す




e0048046_21591241.jpg
茶碗:銘「卑濕」ひしつ 高さ 60mm x 口径 150mm x 高台径 48mm 焼締 古信楽穴窯土 焼成 July/11/2018

八月十五日夜、禁中獨直、對月憶元九  白居易


銀 臺 金 闕 夕 沈 沈

宿 相 思 在 翰 林

三 五 夜 中 新 月 色

二 千 里 外 故 人 心


渚 宮 東 面 煙 波 冷

浴 殿 西 頭 鐘 漏 深

猶 恐 清 光 不 同 見

江 陵 卑 濕 足 秋 陰


ぎんだいきんけつゆうべちん ちん   

どくしゅくそうしかんりんにあり   

  さんご やちゅう しんげつのいろ    

 にせんりがい こじんのこころ     

   しょきゅうのひがしのへに えんばひややかに

  よくでんのにしのへに しょうろはふかし 

     なほおそるせいこうを おなじくはみざるを   

    こうりょうはひしつにして しゅういんおおし 



























[PR]

by takodenkama | 2018-07-12 21:55 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takoden2.exblog.jp/tb/27408357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 梅雨明け      初窯出し >>