蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 15日

自家薬籠中の赤くすり。

土曜日32℃(晴一時小雨)
ここのところ毎日夕立や雷鳴が聞こえる、たぶん梅雨は明けたのでしょう。

6月から始めた赤シリーズは昨日やっとその終焉を迎えた。
7月も半ばである、不順な天候と不確実な窯焚き、不十分な釉技と3拍子揃っての悪戦苦闘に終止符が打てそうだ。 
とても気に入っている”赤くすり”を自家薬籠中に納める事が出来た。
得たものは僅かで、未熟だが今後の作陶活動に大きな財産となるであろう。

大、中、小と3点焼成出来たので披露する。
一番大振りな茶碗には、喜びの表現の素晴らしい、寒山の「歳去換愁年」の詩より「愁年」と。

中間の大きさの茶碗には、大好きな、李白の「哭宣城善醸紀叟」の詩からやや自戒気味に「老春」と銘々。

いちばん小振りの茶碗には、祇園祭を、昨年より引き継だ李白の「憶東山」の詩にかけて「薔薇」と名付けておく。

昨日の成果。
e0048046_12401588.gif


茶碗:銘「愁年」 高さ9.0cm x 口径13.2cm x 高台径5.4cm 赤くすり 赤土 焼成'06/7/13

歳去換愁年     寒山
春來物色鮮
山花笑緑水
巌樹舞青煙
蜂蝶自云樂
禽魚更可憐
朋遊情未巳
徹暁不能眠

歳去って,愁年を換え             
春,来たって 物色,鮮やかなり        
山花,緑水に笑い               
巖樹(がんじゅ),青煙(せいえん)に舞う     
蜂蝶(ほうちょう),自(みずか)ら云(ここ)に楽しみ
禽魚(きんぎょ),更に憐(あわ)れむ可(べ)し   
朋(とも)として遊んで,情,未だ已(や)まず   
暁(あかつき)に徹して眠ること能(あた)わず   


e0048046_12353522.gif


茶碗:銘「老春」 高さ9.2cm x 口径12.9cm x 高台径5.3cm 赤くすり 赤土 焼成'06/7/13


哭宣城善醸紀叟     李白

紀叟黄泉裏
還應醸老春
夜臺無李白
沽酒與何人


          紀じいさんは黄泉の国でも、やっぱり「老春」をかもしているんだろうなあ。
          しかし冥土に李白はいないのに。いったいだれのために酒を売っているのかなあ。

e0048046_12301289.gif


茶碗:銘「薔薇」 高さ8.0cm x 口径12.0cm x 高台径5.3cm 赤くすり 赤土 焼成'06/7/13

「憶東山」       李白
不向東山久
薔薇幾度花
白雲還自散
明月落誰家


東山に足を向けなくなって久しいが、      
薔薇は幾度目の花を開いたか。         
白雲はもう思い思いに散ってしまったことだろう。
明月は誰の家の屋根に沈んだかな?。      

[PR]

by takodenkama | 2006-07-15 13:05 | 作陶日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takoden2.exblog.jp/tb/3816769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風庵亭主 at 2006-07-18 17:18 x
個展に向けて? 赤シリーズ順調、奮闘されたようですね。
赤の茶碗は画期的で暗い茶室での存在感は期待できそうですね。
この赤を使ってリンゴの香合とかも、面白そうですね・・・・勝手言っていますけど。

ところで、抹茶の色と赤の茶碗はどんな感じですか?
試されたことありますか?
Commented by takodenkama at 2006-07-18 23:03
風庵亭主 さま
いつもご訪問ありがとうございます。
以前に、”了入” の赤楽茶碗を拝見した時に、見込みは殆ど水薬程度で、削り後がよく見て取れたのを覚えております。 それを参考にして、いろいろと見込みについても研究して 水薬 の濃度を変えています。
見込みも外部と同じ赤色のもありますが、さすがにお茶を点てた時にはその色彩のコントラストにちょっと疑問を感じています。
この次には、見込みの写真もUPいたしますので、ご意見を聞かせてください。 ありがとうございました。


<< 8月になった。      今月もまだ懲りずに赤シリーズを... >>