蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 19日

水指の作り方を少し変えてみた。

月曜日(晴れ)28℃ 敬老の日

九州に多大な被害をもたらした大型の颱風は日本海に抜けて、こちらにはその影響を被ることはなかった。
天気予報は見事に外れてよいお天気になった、焼成の準備をしていなかったので今日も水指と茶碗を作った。

材料を仕入れに出かけるつもりだったが、今日は”敬老の日”でお店は休みだった、残念!。
最近は休日が固定していない日があるので”老人”には何かと不便だ。若者は喜んでいるのだろうか?。

水指は作り方を少し変えてみた、荒挽きがが出来た段階で落とし込みを作ってしまい、それから全体のフォルムを修整し、次に全体を締め直した。この方法で作ると口径が安定して蓋受けもスムースに作りだすことが出来る、ただ蓋受けの存在が全体の整形に少なからず影響を及ぼして、少し自由さに欠ける嫌いがあった。これは次回への課題だ。

秋晴れの、高い空が待ち遠しい今日この頃、落ち着いた気分で焼成が出来る日はいつになるのだろう・・・・・。

本日の成果
e0048046_5282164.gif

伊賀土で作った水指と茶碗。
[PR]

by takodenkama | 2006-09-19 05:34 | 作陶日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takoden2.exblog.jp/tb/4175745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ukky_tg at 2006-09-19 10:58
いつもながら、素晴らしいですね。
手を差し出して、持ってみたくなる形!
いつか、takodennkamaさんの茶陶に触れてみたいです。
Commented by takodenkama at 2006-09-19 23:17
ukkyさん頑張って!、100豆皿期待しています。

少時学陶苦難円
只道工夫半今全
到老始覚非力取
三分人事天七分
     「論詩」より


<< 愚かというにも程がある・・・・・。      さらに素焼きを追加。 >>