蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 27日

蛸田工場の試運転

火曜日(曇)10℃

蛸田工場は完成を待たず、試運転を始めた。

試行錯誤を繰り返して完成に導きたいと思い、本体が出来たので有り合わせのセラミックボード25mmをとりあえず蓋にして素焼きを始めた。

排煙口は中央の1ヶ所のみ空けて左右の出口は内部で塞いで火入れしてみた。
以前の窯の経験と燃料の違いで排気開口部の大きさを1/2に絞ってある。本焼き時には左右の排煙口も空ける必要があるかも判らないので準備だけはしておいた。

素焼きは何の問題もなく5分に50℃の昇温ペースでガスを調整して1時間半/700℃で火を止め開口部を閉じて自然冷却、こちらも30分で50℃下がっている。炭窯と違って熾きもないので実にあっさりしたものだ。本焼きのときは開口部を密閉して急激な温度降下に注意しなければいけないと思う。

これで本体は問題ない事が確認出来たので、蓋のアーチを急いで完成させなければならない。早速材料の手配を始めよう。

試運転中の蛸田工場

e0048046_145071.gif

蛸田工場/燃焼室容積:高さ34.2cm x 間口34.5cm x 奥行き52.5cm 約0.06㎥ (LPG)
蛸田窯/燃焼室容積:高さ40.0cm x 間口25.0cm x 奥行き25.0cm 約0.025㎥ (ハイカロリー炭)

試運転の結果
e0048046_18193581.gif

[PR]

by takodenkama | 2007-11-27 14:21 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takoden2.exblog.jp/tb/6855384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 井戸茶碗      新しい窯の外装は明日 >>