蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 27日

蛸田翡色

月曜日(晴)19℃

先日の蛸田灰釉に続いて、蛸田翡色釉も欲張って挑戦している。

今日焼成した3点は、釉薬は全て同じで、焼成方法と用土の違いでの変化を見極めるつもりで挑戦してみた。

とても良い成果が得られた。
少し長石が多すぎたのかも分からないが、加えた酸化鉄はそれなりに効果が発揮されたようだ。

あとは貫入の大きさの研究に着手しなければと考えている。

本日の成果

e0048046_21442688.gif

茶盌:銘「翩翩」(へんぺん)高さ 82mm x 口径 146mm x 高台径 52mm  蛸田翡色 大物赤土(酸化焼成)焼成 '08/10/27

e0048046_21444613.gif

茶盌:銘「秋旻」(しゅうびん)高さ 85mm x 口径 146x156mm x 高台径 54mm 蛸田翡色 大物赤土/艾風土・黄の瀬赤土(半還元焼成) '08/10/27

[PR]

by takodenkama | 2008-10-27 22:47 | 作陶日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takoden2.exblog.jp/tb/8840122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hatori-tougei at 2008-10-28 08:42
いつも拝見しています。一番上の茶碗のなだれがいいですね!
なだれは難しいです。うまくいくのは100個に一個です。
Commented by takodenkama at 2008-10-28 10:51
hatori-tougei様 

コメントありがとうございます。
高台部分に梅華皮が出来るともっと良かったのですが、一応これで満足しています。
真中の茶盌も、もっと琵琶色になって欲しかったのですが、まだまだです。頑張ります!


<< ハード・スケデュール      第60回正倉院展はじまる。 >>