人気ブログランキング |

蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 30日

茶入「大海」と「茄子」

昨日今日と二日続けて土捻りをやった、特に必要に迫られている訳では無いが何故か「大海」と「茄子」の茶入に無性に心が焦がれた・・・。

多分、先日、宇治の「朝日窯」にお邪魔して井戸茶盌を一点物にし、その後に隣の「福寿園」で抹茶を挽いたので、自家用の茶入を新しくしたいとの欲求に衝き動かされたのだろう・・・・・。

画像は上が鏡像、下が轆轤上の現物、この状態で常に作陶している。

e0048046_22401679.jpeg
茶入 :「樫原大海」2018/11/29
e0048046_22404471.jpeg
茶入 :「蛸田茄子」2018/11/30


by takodenkama | 2018-11-30 22:34 | 作陶日記
2018年 11月 27日

徳利の塗蓋

何時も晩酌に引き出して昵懇にしている「時雨亭」(800cc)と「笑謝」(500cc)と命名している徳利に日頃の愛顧に応えるべく塗蓋を誂えた。


両徳利ともに焼成以来とても気に入っており日々の晩酌を共し、当に朋友的存在、心を込めて形や色、機能を満足させるべくデザインしてみた。


「時雨亭」の方は削り出し、「笑謝」はコルクの栓を雇い入れとした、共に素材は素麺の箱を分解したバルサ材だ。


初めての試みとしては削り出しよりも雇いざねの方が難度が高そうだったが、何の問題もなくワインのコルク栓で首尾は上々・・・・・・・。


仕上げの漆塗は経年変化を考慮して透明の塗立てとした、益々愛着が昂じ日々の酒量の増加を訝ること多少・・・。

e0048046_22322358.jpeg
「時雨亭」2014/11/13
e0048046_22325240.jpeg
「笑謝」2016/02/06


by takodenkama | 2018-11-27 22:30 | 作陶日記
2018年 11月 26日

刺子の仕覆


刺子で茶盌の仕覆


仕覆は以前から材料などは揃えていたが、中々手強そうでその製作は先送りにしていたので、十年越しの実行となった。


色々と試行錯誤のすえに、藍染の生地に刺子をして仕覆に仕立ててみた。


締め緒と連(つが)り糸は伊藤組紐店の別注品、真綿も入れて本式の仕立とした。

古代裂のストックも少しばかり手元にあるが、寂びた風情をと刺子で挑戦してみたが柄が大き過ぎて少し華やかになってしまった・・・・・・。


中に入っている茶盌は以前に製作した「碧巌」です。


e0048046_09402538.jpeg
藍染刺子:仕覆「碧巌



by takodenkama | 2018-11-26 22:59 | 作陶日記