蛸田窯・作陶日記

takoden2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 20日

紅葉狩

e0048046_1964635.jpg

東福寺/通天橋

日曜日には青春の想い出が一杯詰まった東福寺へ妻女と紅葉狩りに出かけた。
そして、かっての下宿先の 大機院 も久しぶりに訪ねてみた、今は住職も代替わりされていて
挨拶はしなかったが、学生時代のことがまさに走馬灯のごとくによみがえって来た。
隣の通天橋の懸かる溪、洗玉澗は美しく紅葉していて、大変な人出で賑わっており、今とは違い、訪れる人もまばらで、壮大で静謐な
気の漂っていた昔がとても懐かしく思い出された。

紅葉に習って赤楽の茶碗と、改良蛸田黒の茶碗を2点焼成したので披露。

赤楽の茶碗は京黄土の発色が今一でもう少し素焼きの温度を上げるべきだった、これは850℃
蛸田黒は1220℃で引き出し、少し艶を押さえた黒を目指しているが釉薬が薄く調子が出ていない。
ベンガラをかなり多く入れたので少し濡れているような手触りでなんだか面白い雰囲気になって来ている、完成までもう少しの所だ。

本日の成果

e0048046_18253980.jpg

茶碗:銘「閑適」高さ 92mm x 口径 118x138mm 高台径 52mm 京黄土/楽薬 信楽・楽土 焼成 Nov/20/2014


食後  白居易
食罷一覺睡
起來兩甌茶
擧頭看日影
已復西南斜
樂人惜日促
憂人厭年★
無憂無樂者
長短任生涯


食罷(お)わりて一覚(ひとたび)の睡り    
起き来たりて両甌(ふたはち)の茶      
頭を挙げて日の影を看るに         
已(すで)に復(ま)た西南に斜(かたむ)けり 
楽しき人は日の促(あわただ)しきを惜しみ  
憂うる人は年の賖(なが)きを厭(いと)う   
憂いも無く楽しみも無き者は         
長きも短きも生涯に任(まか)す       


*閑適=酒、琴、詩を愛する適度な快楽のある生活を実践した白居易が目指した作詩の世界。  


e0048046_18251417.jpg

茶碗:銘「夜歌」高さ 89mm x 口径 125mm x 高台径 48mm 蛸田黒No.02 信楽・楽土 焼成 Nov/20/2014


  夜歌       韓愈 
  靜夜有清光,閑堂仍獨息。
  念身幸無恨,志氣方自得。
  樂哉何所憂,所憂非我力。


  静かなる夜に清らかなる光あるに  
  ひそまれる堂になおひとり居ぬ   
  想うに身はさいわいに恨むことなく 
  志気はまさにみずからかなえり   
  楽しいかな なんの憂えるところぞや
  憂えるところは我が力にあらず   

[PR]

# by takodenkama | 2014-11-20 20:59 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 13日

時雨亭

秋がいよいよ深まって来て、紅葉の便りが喧しい今日この頃。 また亦、得利の話題で恐縮至極。

私は、日々酒無しでは生きて行けないので、ついつい此の季節に成ると無性に酒器が作りたくなってしまうようでいかん!。

750cc程の容量が必要と、大きなサイズで太めの酒器揃えを晩酌用にと作ってみた。

先日来の長雨を愛でて「時雨亭」と命名して "森伊蔵" を入れて一人で遣りながら悦に入っている。

時雨れるたびに秋は深まり紅葉は紅くなって行く・・・・・・そう、時雨はまさに神無月の季語だ。

本日の成果

e0048046_1042261.jpg

酒器揃:銘「時雨亭」
e0048046_10424269.jpg

徳利:高さ 134mm 口径 38mm 高台径 64mm 外径 118mm
盃 :高さ 40mm 口径 98x93mm 高台径 39mm     
古信楽穴窯土 焼成 Nov/03/2014

[PR]

# by takodenkama | 2014-11-13 10:57 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 01日

再び葉茶壺

前回の茶壺は、少し大きすぎるような気がして(個人の使用としては、葉茶が多く入りすぎるようなので)急遽もう一点捻ってみた。

焼成にも蛸田窯に取ってはちょうど良いサイズと成り、自然な降灰の流れを表現しやすくなって、1290℃でかなり引っ張って焼いたので自然釉も良く溶け迫力を増すことができた。

更に1点、異なった土の葉茶壺の素焼きが出来ているがこちらの焼成は少し時間を置いてからにしたいと思う。

此の窯には、今様の少し小振りの茶碗も1点入れておいたので、合わせて披露しておく。

本日の成果

e0048046_9444922.jpg


茶壺:銘「早秋」 高さ 235mm x 口径 92mm x 高台径 85mm 外径 210mm 重量 1750g 古信楽穴窯土 焼成 Sep/30/2014


大原早秋      李白

  歳落衆芳歇
  時當大火流
  霜威出塞早
  雲色渡河秋
  夢繞邊城月
  心飛故國樓
  思歸若汾水
  無日不悠悠


歳落ちて 衆芳(しゅうほう)歇(や)み  
時は大火(たいか)の流るるに当たる    
霜威(そうい)塞(さい)を出でて早く   
雲色(うんしょく)河を渡りて秋なり    
夢は繞(めぐる)辺城(へんじょう)の月  
心は飛ぶ故国(ここく)の楼(ろう)    
帰りを思えば汾水(ふんすい)の若(ごと)く
日として悠悠(ゆうゆう)たらざるなし   



*衆芳(しゅうほう): もろもろの花         
*大火(たいか)  : 星の名。蠍座の首星、アンタレス


e0048046_1091527.jpg

茶碗:銘「渓月」 高さ 65mm x 口径 100x95mm x 高台径 46mm  古信楽穴窯土 焼成 Sep/30/2014



自遣  李白

對酌不覺瞑
落花盈我衣
醉起歩溪月
鳥還人亦稀



酒に対して瞑(ひく)るるを覚えず   
落花(らっか)我が衣に盈(み)つ   
酔より起きて 渓月(けいげつ)に歩めば
鳥還えりて人も亦(ま)た稀(まれ)なり


[PR]

# by takodenkama | 2014-10-01 10:36 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 24日

葉茶壺

初夏に茶臼を買ったので、葉茶を買うには茶壺が必要かと試しに3点捻ってみた。

茶壺の現物を見たことが無かったので、一応、仁清の色絵藤花文茶壺(国宝)を参考にしてすすめた。

昨日、一番大きな古信楽穴窯土の物を焼成してみた。

蛸田窯の内法は 245x245mm x 400mmなので茶壺がギリギリ入る寸法(240x240x320)だったのでいろいろと工夫して焼成した。

焼成は還元焼成で1330℃、降灰の効果として松葉灰を上部より振り掛け、炭粉も随所に景色付けとして配した、細工は流々仕上げを・・・・・。

重量は2kg弱でとても軽く仕上がった。

本日の成果


e0048046_2091461.jpg

茶壺:銘「秋瞑」高さ 280mm x 口径 103mm x 高台径 88mm 最大外径 234mm 重量1910g  古信楽穴窯土 焼成 Sep/23/2014

山居秋暝    王維

空山新雨後 天気晩来秋
明月松間照 清泉石上流
竹喧帰浣女 蓮動下漁舟
隨意春芳歇 王孫自可留

       
人気の無い山に、 新たに雨が降った後は、                  
夕べともなると、 いよいよ秋らしい。                    
明るい月が松林の間に照り渡り、                       
清らかな泉が、 石の上にを勢いよく流れている。               
何だか竹がざわめくと思ったら、せんたく娘がお帰りなさるのらしい。      
また、いやに蓮が動くと思ったら、なるほど、 漁舟が川下に下ってゆくのだっだ。
春の花は、勝手に散ってなくなるがいい。                   
若旦那は、そんなことに構わずに、 ここでじっとしているから。        

*秋暝 : 秋の日暮れ(shuumei)






 
[PR]

# by takodenkama | 2014-09-24 12:59 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 23日

酒器揃

秋には酒器揃、と日頃愛飲している「森伊蔵」が一本はいる大きさの徳利と愚意呑を作ってみた。

市販の商品の瓶はあまり感じよくないので、日頃自作の徳利に入れ替えて晩酌にしているのだが、750ccぴったり入る物が無かったので誂えてみた。

コルクの栓を合わせて、愚意呑を被せるといい感じに成るので、種田山頭火の句から「山しずかなれば笠をぬぐ」を拝借、この酒器揃えに「山頭火」と命名。

これで晩酌がすすみすぎるのも考えものか?・・・・・。


e0048046_13263569.jpg

酒器揃:銘「山頭火」

e0048046_1327382.jpg

「山しずかなれば笠をぬぐ」



酒器揃:銘「山頭火」           
    徳 利:高さ 192mm x 口径 38mm x 外径 100mm
    愚意呑:高さ 62mm x 口径 85mm x 高台径 40mm
        古信楽穴窯土 焼成 Sep/15/2014    

[PR]

# by takodenkama | 2014-09-23 11:43 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 08日

夏茶碗

先々月より、夏茶碗をといろいろと試みているのだが
赤土の耐火度が弱くて混迷している、化粧土は京黄土を中心にして鬼板やカオリン等で
調合して、程よく出来ているのだが、全て生掛けでやっているので歩留まりが悪すぎて
お手上げ状態・・・・・。

懲りずに、めげずに、ひたすら轆轤と窯に汗をつぎ込んでいる祇園会も近い今日この頃・・・。

本日の成果

e0048046_9471936.jpg

茶碗:銘「林叟」 高さ 64mm x 口径 130mm x 高台径 46mm 京黄土化粧 カリ長石釉 信楽赤土 焼成 7/06/2014


山中寄城中故人 王維 
 
中歳頗好道
晩家南山陲
興來毎獨往
勝事空自知
行到水窮處
坐看雲起時
偶然値林叟
談笑無還期

      

中歳にして頗(すこ)ぶる 道を好み
晩に家す南山の陲(ほとり)    
興來(わ)きては毎に獨り往き   
勝事は空しく自ら 知る       
行きて水の窮る處に到り      
坐して雲の起こる時を看る     
偶然 林叟に値(あ)い      
談笑して還る期(とき)無し    



e0048046_10324231.jpg

茶碗:銘「江亭」 高さ 64mm x 口径 136mm x 高台径 48mm 京黄土化粧 カリ長石釉 信楽赤土 焼成 7/06/2014


江亭 杜甫


坦腹江亭暖
長吟野望時
水流心不競
雲在意倶遲
寂寂春將晩
欣欣物自私
故林歸未得
排悶強裁詩


腹を坦らにすれば江亭の暖かに    
長く吟じて野を望むる時       
水は流るれども心は競わず      
雲は在まりて意は倶に遲(のどか)なり
寂寂として春は將に晩れなんとし   
欣欣として物は 自ら私(と)ぐ    
故林歸ること未だ得ず        
悶いを排いて強いて詩を裁(つく)る 



e0048046_10325396.jpg

茶碗:銘「聯拳」 高さ 68mm x 口径 144mm x 高台径 48mm 京黄土化粧 カリ長石釉 信楽赤土 焼成 6/23/2014



江月去人只數尺  
風燈照夜欲三更  
沙頭宿鷺聯拳靜  
船尾跳魚撥剌鳴  


江月人を去ること只數尺      
風燈は夜を照らして三更ならんと欲す
沙の頭に宿る鷺は聯拳として靜かに 
船の尾に跳る魚は撥剌として鳴る  

[PR]

# by takodenkama | 2014-07-08 13:30 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 04日

赤楽茶碗

古い資料によれば、茶の湯で利休が創り始めた頃の赤楽茶碗は現在流布しているものとは随分違っているように受け取れる。窯の構造や炭の種類、焼成温度なども確立されておらず多様性に富んでいたのだろう。

土を焼いて赤色を表現する方策をいろいろと模索してみている、黄色い土を赤土と呼ぶのは何故・・・・・、何時頃からなどと思いを巡らせながら・・・・・、赤色の土は焼くと黒くなり、白い土でも窖窯で還元焼成すると稀に素晴らしい赤色を発色する・・・・・。

本日の成果

e0048046_13394322.jpg

茶碗:銘「山中」 高さ 93mm 口径 122mm 高台径 50mm 焼成 Jun/02/2014

山中問答   李白

問余何意棲碧山
笑而不答心自閑
桃花流水窅然去
別有天地非人間


余に問う何の意ぞ           
碧山に棲むと             
笑って答えず 心おのずから閑なり   
桃花流水 窅然として去る       
別に天地の人間(じんかん)に非ざる有り

* 窅然 … はるか遠いさま。        


e0048046_13402649.jpg

茶碗:銘「喜雨」 高さ 87mm 口径 112x120mm 高台径 48mm 焼成 Jun/02/2014


春夜喜雨   杜甫

好雨知時節
当春乃発生
随風潜入夜
潤物細無声
野径雲倶黒
江船火獨明
暁看紅湿處
花重錦管城



好雨 時節を知り         
春に当って乃ち発生す        
風に随(したが)いて潜かに夜に入り
物を潤して細かにして声無し     
野径 雲と倶(ともに)に黒く    
江船 火は独り明かなり       
暁に紅の湿れる処を看れば      
花は錦管城に重からん        



e0048046_13403753.jpg

茶碗:銘「伴月」 高さ 68mm 口径 136mm 高台径 45mm 焼成 Jun/02/2014


月下獨酌        李白
   
 花間一壺酒 獨酌無相親
 舉杯邀明月 對影成三人
 月既不解飲 影徒隨我身
 暫伴月將影 行樂須及春
 我歌月裴回 我舞影零亂
 醒時同交歡 醉後各分散
 永結無情遊 相期邈雲漢


花間 一壺の酒    独酌 相親しむ無し        
杯を挙げて明月を邀え 影に対して三人を成す       
月既に 飲を解せず  影 徒(いたづら)に我身に随う  
暫く月と影とを伴うて 行楽 須(すべか)らく春に及ぶべし
我歌へば 月 徘徊し 我舞へば 影 零乱        
醒時 同じく交歓し  酔ひて後 おのおの分散す     
永く無情の遊を結び  相ひ期して雲漢邈(はる)かなり  

[PR]

# by takodenkama | 2014-06-04 06:45 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 02日

新しい釉薬

半年ぶりの更新です。

作陶10年が過ぎたので、今年は個展の予定を入れていません。
現在は、じっくり新しい釉薬の調合を試みています、赤、黒、白の三色に主に取り組んでいます。
作品のストックは少しは出来ていますので、その成果を徐々に披露してゆきたいとおもいパソコンを開いています。

まずは黒、今までの蛸田黒は1200℃前後での引出しが必要でしたが、新しく調合したものは1220℃くらいの焼成で引出しの必要は無く焼成の安定性が確保出来ます。しっとりとした半艶調で独特の手触り、とても良い出来の釉薬に仕上がりました。素焼きをせずに、主に生掛けで施釉しています。

本日の成果

e0048046_15562330.jpg

茶碗:銘「碧巖」(heki-gan) 高さ 87mm 口径 118mm 高台径 47mm 蛸田黒No.2 信楽赤土 焼成30/05/2014


宿清溪主人 李白

夜至清渓宿、
主人碧巖裏。
簷楹挂星斗、
枕席響風水。
月落西山時、
啾啾夜猿起。


夜になって 清渓にとうちゃくして宿を求めた。
主人は碧(みどり)の厳窟の中にすんでいた。 
軒の柱のあいだに星がかかり。        
寝床に風の音と水の音とがひびいて来た。   
月が西の山に落ちた時、           
かなしいかなしい猿のなき声が起った。    


e0048046_15571028.jpg

茶碗:銘「月傍」(getsu-bou) 高さ 66mm 口径 142mm 高台径 48mm 蛸田黒No.2 信楽赤土 焼成30/05/2014


春宿左省   杜甫

花隱掖垣暮
啾啾棲鳥過
星臨萬戸動
月傍九霄多
不寢聽金鑰
因風想玉珂
明朝有封事
數問夜如何


花は隠として掖垣(えきえん)暮れ  
しゅうしゅうとして棲鳥過ぐ     
星は万戸に臨んで動き        
月は九霄(きゅうしょう)に傍うて多し
いねずして金鑰(きんやく)を聴き  
かぜに因よりて玉珂(ぎょくか)を想う
明朝 封事(ふうじ)有り      
数しば問う 夜如何と        


[PR]

# by takodenkama | 2014-06-02 16:05 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 26日

凧揚げ

30年ぶりの凧揚げ。

昨年末に一念発起して凧作りを始めた、実に30年ぶりの事だ。

今年になっていろいろと調整して一昨日に3台の試し揚げに成功した。

当初は一畳大の凧を考えて下絵までは描いたが製作は断念、和紙一枚のサイズのものを3点作った。

組み立て式で、倍幅のうなりを背負った伝統的な角凧で高さの10倍の長さの17本糸目がとても美しく7メーターの強風でも安定して上がる。

絵柄は平成3年に南座で観た「桜門五三桐」サンモンゴサンノキリ の石川五右衛門と真柴久吉が南禅寺で対峙する場面を再現したもので、そのときに残しておいたスケッチを基に新たに描いた。

1月に入ってから晴れの日には、一人で桂川に出掛け凧揚げを楽しんでいる。

そろそろ作陶を始めなければと思いつつ・・・・・。

昔取った杵柄
e0048046_1691667.jpg

e0048046_18461383.jpg

良く晴れた桂川河川敷にて飛翔。(1月22日)
e0048046_1055050.jpg

凧絵「桜門五三桐」500x840

[PR]

# by takodenkama | 2014-01-26 10:50 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 14日

個展、無事終了

第3回「兀兀展」無事終了いたしました。

ご来展の皆様に心よりお礼申し上げます、その上沢山の花や、おみやげ有り難うございました。

加齢のせいか、会期が1日多かったためか、来場者への応接の疲労でボロボロニなってしまいました。

終了して一息つく間もなく、急遽入った大量の注文の発送に時間がかかってしまい今日やっと窯に火入れが出来ました。

個展前に窯詰めしたものの天候不順で焼成出来ず間に合わなかったので放置してあったものです。

1240℃で30分ネラシ、茶入れや茶碗など4、5点入っています、どんな結果に成るのかあと数時間の先に結果が出ます。

報告出来なかった個展前の焼成品を少し紹介します。


e0048046_1326185.jpg
"CEPHALOPODAN"(頭足類) : 高さ400mm 幅 450mm 奥行180mm 古信楽窯土 焼成 Oct/16/2013


e0048046_13552882.jpg
:"Dumpling-insect"(団子虫) : 高さ 90mm x 幅 80mm x 奥行き 160mm 古信楽窯土 焼成 Oct/16/2013


e0048046_13542159.jpg
扁壺 : 銘「慳惜」 高さ 250mm x 口径 40mm x 幅 200mm x 奥行 60mm 高台径 40x76mm 古信楽窯土 焼成 Aug/07/2013

[PR]

# by takodenkama | 2013-11-14 14:17 | 作陶日記 | Trackback | Comments(0)